顔のむくみがあるとゆううつな気分になるものです。むくみがある顔は、顔が大きく見えて嫌だと思う女性も多いようです。
不健康なイメージもあるので、むくみを起こさないよう生活態度に注意したり、マッサージやむくみを取るクリームなどで解消すると良いでしょう。
むくみを医学用語では浮腫と言い、血液の水分が血管やリンパ管の外にしみ出し、皮膚の下に溜まった状態をこう呼びます。
顔がむくむ原因は色々あって、水分やお酒の飲みすぎ、疲労、睡眠不足、ホルモンバランスの崩れの事もありますし、肝臓病の方もむくみやすいと言われます。
むくみの原因には病気が隠れている場合もありますから、放置せずにどんな理由があるのか調べるのは大切です。
顔と足はむくみが特に現れやすいので、朝の洗顔時にでもチェックする事を習慣にすれば、むくんでいるかどうか判断できます。
また、顔のむくみを放置しておくと、今度は顔のたるみを引き起こしてしまいます。顔がたるむとふけた印象を与え、美容の面から問題です。今、フェイスラインをきれいに見せる美容液などが人気ですが、たるんだ肌にはどんなにケアしても高い効果は望めません。
美しさを保つ意味でも、顔のむくみには注意しておきましょう。

カテゴリ

月別アーカイブ

このサイトを購読する